投信手数料一段と低下 個人の長期的資産形成には追い風

投資信託の運用手数料が世界で低下しています。

 

米国では顧客が運用手数料相当のお金をもらえる「マイナス手数料」の上場投資信託(ETF)が登場し、日本でも6月下旬にニッセイアセットマネジメントなどの株式投資信託の手数料が初の年0.1%割れとなります。

 

運用手数料の低下は、個人の長期的な資産形成の後押しにつながる一方、金融機関経営には逆風となると報じられていました。