投信、保険 販売登録を一本化し金融参入促進、アプリで併売可能に

金融庁は業種ごとに分かれている金融仲介業の登録制度を一本化することが報じられました。

 

ウェブを使って商品を販売する企業を対象に、一度の登録だけで預金や保険、投資信託などを扱えるようにするそうです。

 

銀行などは業種ごとに登録をして複数の金融商品を販売していますが、スタートアップ企業には複数の登録制度が参入障壁になっています。

 

規制を緩めて金融への新規参入を促すというものです。新しい制度のもとで登録すれば、スマホのアプリなどで複数の商品を同時に購入できるようになります。

 

例えば、100万円のうち50万円は投信、30万円で保険、20万円を銀行に定期預金するといった形が出来ます。

 

フィンテックが進み、金融サービスの境界線がなくなり始めています。

 

アイデアを持つ企業が参入しやすい環境を整え、より便利で安価な金融サービスの創出が求められています。