手放し自動運転「ハンズオフ」機能を持つ車の実用化進む

ハンドルから手を離して運転できる「ハンズオフ」機能を高速道路限定で持つ乗用車が国内で広がってきたと報じられました。

 

SUBARU(スバル)は今秋発売の主力ステーションワゴン「レヴォーグ」の新型モデルを皮切りにこの機能を順次導入、トヨタ自動車も「レクサス」ブランド車に載せるそうです。

 

自動運転技術の実用化が進み、将来に向けた開発競争も激しくなってきていると報じていました。