情報漏洩の損失、日本5位 IBM各国調査

日本IBMは、情報漏洩の発生時に日本企業が被る損失額が1件当たり約419万ドル(約4億4400万円)に上ったとする調査結果を発表したことが報じられました。

 

同じ調査を実施した17カ国・地域の平均を上回り、米国、ドイツなどに続いて世界5位だったそうです。

 

ランサムウエア(身代金要求ウイルス)による攻撃の増加などで損失額は上昇傾向にあり、企業に警戒を呼びかけるとしています。