富裕者層ビジネス ミレニアル世代に的

金融資産を5億円超持つ超富裕層向けのプライベートバンキング(PB)を提供する金融機関が1980年代から2000年前後に生まれた「ミレニアル世代」の取り込みに動いていると報じられました。

 

ターゲットは新規株式公開(IPO)や非上場株式で富を築く若者。

 

「富裕層=高齢」という構図が崩れ、担当者も若返りが急務となっていると報じられていました。