大病院受診負担、紹介状なしの場合、更に数千円上乗せへ

政府は200以上のベッド(病床)がある病院を対象に紹介状がない患者が受診した際に一定額を上乗せする制度を導入する方針であることが報じられました。

 

患者が3割の窓口負担とは別に5千円以上を負担する現行制度に数千円を上乗せし、公的医療保険の給付を減らす仕組みを設ける方針です。

 

高齢者の増加や医療の高度化で医療費は増え続け、世代間の不公平感があります。

定額負担の導入で医療保険の支出の伸びを抑える方針です。

患者側は追加の負担をしても設備が整った大きな病院を選ぶのか判断を迫られることになります。

 

現在も病床400以上の420病院を対象に、紹介状を持たずに受診した患者に特別料金を求めています。

原則3割という定率の窓口負担に加えて初診で5千円以上、再診で2500円以上です。

病院が法定の診療報酬とは別に上乗せ分として受け取っています。

 

対象となる「大病院」の解釈を400床以上から200床以上に広げ、大病院を受診した患者はさらに1千~3千円程度の支払いをしなければならなくなることになります。

この加算された額は病院に回らず、公的医療保険に充てられます。

 

紹介状のない大病院に行く際には今までよりもお金がかかるため、軽症患者はまず中小病院や診療所の「かかりつけ医」を訪れる可能性があります。

これにより、大病院は、救急や重病患者を優先できる体制をつくりやすくなるとしています。