大手生保が非対面募集スタート

大手生命保険が顧客と直接対面しない営業に踏み切ることが報じられました。

 

「明治安田生命保険」はまず既存の契約者や家族を対象に、医療保険の加入や契約変更の手続きが郵送や電話で済むようにするそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛により、生保レディーと呼ばれる営業職員が直接会うことが難しいためで、業界で23万人に達する営業職員が対面で関係を築く販売スタイルが見直しを迫られたものです。

 

ネットや電話で完結する非対面の販売は新興のネット専業生保などが手掛ける一方、既存の大手や中堅は控えてきました。このため、生保業界ではネットなど非対面の加入の割合は数パーセントにとどまります。

 

明治安田生命はまず新型コロナの感染拡大を受けた特例として、5月7日から対面せずに保険商品を申し込めるようにするとのこと。特例を認める期間は感染拡大の状況や顧客の反応を踏まえて決め、丁寧な説明が必要な投資性の強い外貨建て保険などの商品は対象から除くそうです。

 

日本生命保険や第一生命保険など他の大手も近く、非対面の契約を認める方向で検討しているとも報じられました。