大手外食チェーン、注文から会計までスマホを使って待ち時間ゼロへ

注文から会計まで店員いらず――。「マクドナルド」や「すき家」など大手外食チェーンは、来店客が自身のスマートフォンで注文や会計を済ませる仕組みを導入し始めたことが報じられました。

 

利用者は待ち時間のストレスを軽減され、店舗は利用者の動向の把握や人手の削減が見込めます。

 

ポイント還元制度で広がるスマホ決済が外食企業の店舗運営を大きく変えようとしていると報じていました。