大同生命、豪生保に出資

T&Dホールディングス(HD)傘下の大同生命保険は、オーストラリアの生命保険グループ「インテグリティ社」に出資すると報道されました。

 

週内にも同社の14.9%の株式を取得します。取得額は約11億円。

 

成長が期待できる豪州市場に参入し、収益獲得に加え、現地での事業立ち上げやITを使った事業運営ノウハウを得る狙いだと報道されました。

 

インテグリティ社は昨年12月に現地の大手損害保険会社の生命保険部門を買収、団体保険に強みを持っており、大同生命とインテグリティ社は人材交流や商品開発のノウハウの共有などを行い、死亡保険、医療保険など個人向け保険に参入する予定とのこと。

 

豪州の生命保険市場をめぐっては、第一生命保険が2011年に豪生保大手TALを完全子会社化したほか、16年には日本生命保険が豪銀大手の生保子会社MLCを買収しています。