外国人20万人増 243万人で最多に

総務省が14日に公表した2019年10月1日時点の人口推計で、外国人の入国者数から出国者数を引いた社会増加が初めて20万人を超えたことが報じられました。

4年前と比べ倍の規模になっていて、人口減が進む日本の人手不足を補う層として厚みを増しています。

外国人の社会増加は7年連続となります。