変わる物販 マックスバリュー西日本 24時間営業廃止へ 

人手不足が深刻化する中、流通大手「イオン」の子会社の「マックスバリュ西日本」は、中国地方や兵庫県などで運営するスーパーについて、営業時間を短縮し24時間営業を取りやめることになったことが報じられました。

広島市南区に本社がある「マックスバリュ西日本」は、中国地方や四国地方、それに兵庫県でスーパーの「マックスバリュ」と「ザ・ビッグ」のあわせて182店舗を運営しています。

この会社では、このうちの25店舗で24時間営業を行っていますが、人手不足の影響で十分な接客サービスが難しくなっているなどとして、今月21日から営業時間を短縮し24時間営業を取りやめることを決めました。

このほかにも、多くの店で早朝や深夜に店を開けていますが、一部を除き「マックスバリュ」は午前9時から午後10時まで「ザ・ビッグ」は午前9時から午後9時までに営業時間を短縮するということです。

24時間営業を巡っては、店舗のオーナーが営業時間の見直しを求める中、コンビニ大手のセブン‐イレブンが営業時間を短縮する実験を始めることにしていて、人手不足の影響が小売業全体に広がっています。