地銀87行、定期金利一斉下げ 0.002%へ

全国87の地方銀行・第二地方銀行が今年度に入り、定期預金の金利を従来の5分の1に当たる0.002%へ一斉に引き下げたことが分かったと報じられました。

 

普通預金の金利(0.001%)とほぼ同水準となります。

 

新型コロナウイルス感染拡大後、個人や法人が防衛的に預金しておく動きが加速し、経営上の重荷だった預金が急増する懸念が浮上していたものです。