国民健康保険 加入者119万人減で保険料収入5年連続減

公的医療保険、国民健康保険の平成30年度の決算がまとまり、保険料収入は加入者の減少などで5年連続で減少したことが報じられました。

自営業者ら2752万人が加入する国民健康保険は財政基盤を強化するため都道府県が運営に参加するようになり、その初年度となる平成30年度の決算を厚生労働省がまとめたもので、それによると、保険料収入は加入者が119万人減ったことなどから前の年度より1078億円減って、2兆6713億円となり、5年連続で減少したそうです。

支出は保険給付費が前の年度から2103億円減って8兆7966億円となったため、国民健康保険全体の実質的な収支は215億円の黒字となったそうです。

国は毎年の支出金とは別に国民健康保険に対する財政支援をこれまでのおよそ2倍の3400億円に拡充していますが、今後も高齢化の進展に伴って支援が必要になると見込んでいると報じていました。