各地の地銀で預金商品の取り扱いを終了する動き相次ぐ

各地の地銀で、一部の預金商品の取り扱いを終了する動きが相次いでいることが報じられました。

 

人口減少や事業所の統廃合で資金需要が伸び悩み、預金に対する貸出金の割合を示す預貸率は低下傾向が続き、店頭での説明や管理に手間がかかるにもかかわらず、取扱件数が少ない預金商品を廃止し、運営コストの適正化につなげる狙いです。