去年の出生率は1.43人 過去最大39万人人口減少

1人の女性が産む子どもの数の指標となる去年の出生率は1.43となり、前の年をわずかに下回ったと報道されました。

 

死亡した人の数から産まれた子どもの数を差し引いた減少幅は、過去最大の39万人余りとなり、人口の減少が加速している実態が浮き彫りとなりました。

 

厚生労働省によりますと、1人の女性が一生のうちに産む子どもの数の指標となる「合計特殊出生率」は、去年は1.43となり前の年を0.01ポイント下回りました。

都道府県で最も高かったのは、沖縄で1.94、次いで宮崎が1.73、島根が1.72となっています。

一方、最も低かったのは東京で1.21、次いで北海道の1.29、宮城と京都が1.31となっています。

去年産まれた子どもの数=出生数は94万6060人と前の年より3万人余り減り、統計を取り始めて以降、最も少なくなりました。

一方、死亡した人の数=死亡数は134万433人で、前の年より3万2000人余り増加し、戦後、最多となっています。

その結果、死亡数から出生数を差し引いた減少幅は39万4000人余りと過去最大となっていて、人口の減少が加速している実態が浮き彫りになりました。

厚生労働省は「子どもを産む世代の女性が減り、結婚する人も少なくなっていて、出生率が下がったと見られる。今後、子育てがしやすい環境整備を進めて出生率を引き上げていきたい」としています。