厚労省私的年金制度の改革案でイデコも75歳から受給可能に

厚生労働省が検討してきた私的年金制度の改革案の中で、確定拠出年金の受給開始年齢は個人型(イデコ)、企業型ともに60~70歳の間で選べるものを60~75歳に広げることが盛り込まれていることがわかったと報じられました。

 

イデコはすべての会社員が入れるようにするほか、加入できる年齢も延ばすことで、税制優遇を受けてより長く運用できるようにして、資産形成を後押しするものです。