割り勘保険 初の支払い

保険料を契約者全員で賄う割り勘型の保険により、がんと診断された人に国内で初めて保険金が支払われたことが分かったことが報じられました。

 

1月に販売を開始した保険ベンチャー企業のジャストインケース(東京)の「わりかん保険」は、がんと診断された場合に一律80万円を支払うもので、支払いのあった保険金の合計額に会社側の収益となる管理費を加えた金額を、診断を受けた本人と同じ年齢ゾーンの残りの契約者が均等割で月ごとに後払いする仕組みで、患者が出ない月は保険料の支払いも発生しません。