再生医療、商用段階に 「膝関節」の病気に再生医療を応用

再生医療が商用化の段階に入ると報じられました。

 

高齢化などに伴う「膝関節の病気」に対し、企業が相次いで再生医療を応用するというものです。

 

グンゼは軟骨の再生を促す素材を欧州で発売。

 

オリンパスや中外製薬は培養した軟骨を使う方法の実用化を急いでいます。

 

膝関節の病気は日本人の5人に1人が患うため、その治療は再生医療の本丸と目されています。

 

治療法が浸透し関連産業が活性化すれば、再生医療で日本が世界をリードする可能性もあると報じられました。