全国の空き家は846万戸と過去最高に

全国の空き家数は平成30年10月1日時点で846万戸と過去最高になったことが26日、総務省の住宅・土地統計調査(速報値)で分かったことが報じられました。

 

5年前の前回調査に比べ26万戸増加し、住宅総数に占める割合は0・1ポイント上昇の13・6%でこちらも最高となりました。

 

管理が不十分な家屋が増えれば景観や治安の悪化につながり、国や自治体の対策が急務だと報じられていました。

 

住宅総数は179万戸増え6242万戸で、居住者がいるのは155万戸増の5365万戸と、住まいの需要は伸びているのに空き家が増えていることになります。

 

新築の供給が過剰な上、住む人がいなくなった住宅の解体・流通が進んでいないと言えそうだと報じられていました。

 

空き家率を都道府県別で見ると、最も高いのは山梨の21・3%で、和歌山20・3%、長野19・5%が続きました。

 

最も低いのは埼玉と沖縄の10・2%でした。