健康志向で肉を使わない植物由来肉への参入相次ぐ

健康志向の高まりを受け、国内の食品メーカーでは肉を使わずに野菜などで作った“植物由来肉”への参入が相次いでいることが報じられました。

 

このうち伊藤ハムは肉を使わずに大豆のたんぱく質を主な原料として作った“植物由来肉”のカツや肉だんご、ハンバーグなど8種類の商品を来月発売します。伊藤ハムが業務用ではなく、家庭用に“植物由来肉”を販売するのは初めてです。
会社によりますと食感や味、香りを本物の肉に近づけるため、使う大豆のたんぱく質の組み合わせや加工方法、使用する香辛料などで試行錯誤を繰り返し、開発には2年以上かけたということです。

このほか、日本ハムも肉を使わずに大豆やこんにゃくで作ったソーセージやハムなど5種類の商品を来月家庭用に発売し、年間で5億円の売上を目指すとしています。

アメリカではシリコンバレーの新興企業や最大手の食肉会社が”植物由来肉”の市場に参入し、健康志向の高まりを受けて大手チェーン各社がハンバーガーに採用するなど、世界的に関心が高まっていて、国内でも広がるか注目されます。