健康寿命、男性72.14歳、女性74.79歳と延びる 元気にシニア作りを如何に推進するか

厚生労働省は3月9日、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表しました。

 

前回(2013年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延び、男性は01年に69.40歳だったのが、07年に70.33歳と70歳を超え、16年は72.14歳まで延びた。女性は01年に72.65歳だったのが、16年は74.79歳まで延びた。

平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間。

この差を縮めることが社会保障費の抑制につながる訳ですが、16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年と要介護状態は相変わらず長いですね。

 

100歳まで健康で元気で歩けるようにするためにも、インステック総合研究所が展開する「みんなの健康ラウンジ」が必要だと確信しています。