健保組合、資産整理急ぐ

大企業の従業員らが加入する健康保険組合が、保有資産の廃止や売却を進めている。

 

今年4月からは腹回り85㎝以上の組合員は調剤薬局で特定保健指導を受ける必要があります。

 

組合員の医療費を如何に抑制できるかが今後の鍵かと考えます。