健保組合 医療費負担で黒字額40%余り減 赤字健保は全体の4割 やはり「健康経営」しかない

大企業の従業員らが加入する健康保険組合の昨年度(平成29年度)の決算の見込みは、加入者の増加で保険料収入が増え4年連続の黒字となりましたが、高齢者の医療費を賄うための負担金が増えたことなどで黒字額は前の年度より40%余り減少したことが報じられました。

 

一方、赤字となった組合は580となり、全体のおよそ4割を占めています。

 

健保連=健康保険組合連合会によりますと、全国の健康保険組合の昨年度の決算の見込みは、パートなど短時間労働者の加入者の増加で、収入は前の年度より2.98%増え、8兆1999億円となりました。

これに対して、支出は高齢者の医療費を賄うための負担金が増えたことなどから、前の年度より4.41%増えて8兆653億円となりました。

このため、収支は1346億円で4年連続の黒字となりましたが、黒字額は前の年度よりおよそ43%減少しました。

また赤字となった組合の数は、前の年度より39増えて580となり、全体の1394組合のおよそ4割を占めています。

一方、加入者が納める保険料率の平均は9.167%で、前の年度より0.057ポイント増加し、過去最高となっています。