住宅ローン減税 現行の10年から1~5年ほど延長へ

政府は2019年10月の消費増税にあたり、住宅購入の支援策として住宅ローン減税が受けられる期間を現行の10年から1~5年ほど延長する調整に入ったことが報じられました。

 

消費増税前の駆け込み需要やその反動減を防ぐ狙いで、年末の自民党や与党の税制調査会で詳細を議論し、最終決着させる方向です。