住宅ローン 失業で一部免除する保険商品

新型コロナウイルスで経済的な打撃を受けた住宅ローンの利用者を保護するため、三井住友信託銀行と外資系のカーディフ損害保険は、ローンの利用者が失業した場合、返済を一部免除する保険商品の取り扱いを始めることになったことが報じられました。

ローンに申し込んだ人が勤務先の倒産などで失業したり解雇されたりした場合、最大で3か月間ローンの返済が免除される特約がついているのが特徴で、ことし11月から取り扱いを始めるということです。

ただ、通常の住宅ローンよりも金利はやや高くなるとしています。

銀行によりますと、がんや脳卒中などの病気になった場合、ローンの返済を一部免除する特約をつけるケースが多いということですが、失業した際に免除する特約を加えるのは大手金融機関では初めてだとしています。

新型コロナウイルスの影響で収入が減り住宅ローンの返済に困る人を保護するため、金融庁は、金融機関に対してローンの条件変更などに柔軟に対応するよう求めていて、月々の返済額を減らすなどの対応をとるところも出ています。