住友生命、代理店販売倍増を目指す

住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大すると報道されました。

 

子会社のメディケア生命保険は4月に女性・介護関連の新特約を創設するほか、住生は8月以降に外貨建て年金保険を発売。

 

住生グループの年間保険契約件数のうち代理店を通じた契約は2018年3月期で約35万件となる見通しで、何と20年3月期に倍の70万件を目指すとしているそうです。