住友生命 新卒採用にWEB面談取り入れ

住友生命保険が、平成32年4月入社の新卒採用から「WEB面談」を取り入れることが分かったことが報じられました。

 

地方の学生と本社で働く社員とがインターネット上で直接対話できる場を設け、業務理解を深めてもらい、入社意欲を向上させる主旨。

 

学生優位の「売り手市場」を背景に、優秀な人材の囲い込みと入社後のミスマッチを防ぐのが狙いで、このような取り組みは国内生保では初めてとみられます。

WEB面談の主な対象は総合職を志望する地方の学生で、希望があれば資産運用や商品開発などに従事する本社社員と1時間程度、平日を中心に面談できるようにするそうてす。

 

学生がウェブカメラ付きのパソコンなどを持っていない場合は住友生命の地方拠点の端末で面談でき、採用の合否とは切り離し、学生が率直に質問できる場にするそうです。