会社が従業員のがん治療に備えて保険加入

がんにかかる従業員の負担を企業がまかなう動きが出ていると報道されました。

 

日立キャピタル損害保険は企業向けのがん保険を開発。保険料を払う契約者は企業で、従業員の負担はないという商品になります。

従業員ががんになると一定額の見舞金を出し、がんの治療などで仕事に支障がでる期間中の所得を補償するという仕組み。

所得補償は1000日まで。高額で健康保険の適用外となる先進医療にも保険金を払う。

 

個人向けのがん保険は、一度がんになると再発のリスクがあるため加入できなかったり、加入できても保険料が高額になったりすることが多いが、この保険は契約時からさかのぼって過去1年にがん治療をしていなければ補償するとのこと。

2人に1人が一生のうちにがんと診断されますが、16年12月に成立した改正がん対策基本法では、がんになった従業員に対する事業主の責務を明文化し、企業に対し従業員ががんになっても雇用を継続できるような配慮や、治療と仕事の両立ができる体制の整備を求めています。