企業健保 コロナが財政圧迫に追い打ち

新型コロナウイ新型コロナウイルスの感染拡大により、大企業の社員が入る健康保険組合の財政が一段と圧迫されそうだと報じられました。

 

企業活動が収縮し、一部の組合は企業と従業員による保険料の支払いを先延ばしせざるを得なくなっているためで、全国約1400組合のうち、給付費など一般的な支出を賄える余力が3カ月分を下回る組合も90程度あるそうです。

収支の悪化に拍車がかかり、保険料のさらなる引き上げや解散の増加が懸念されるるとともに、大企業の社員が入る健康保険組合の財政が一段と圧迫されそうだと報じていました。