企業のサイバー防衛、相次ぎ、専門部隊で攻撃に対応

サイバー事故対応の専門チーム「CSIRT(シーサート)」を設置する日本企業が相次いでいることが報じられました。

 

2019年に前年比で2割増え、約380社・団体になったそうです。

 

背景にあるのはサイバー攻撃の急増と、半年後に迫った東京五輪。

 

攻撃が集中する7月24日の開会式は「スポーツの日」で祝日になり、指揮系統など体制見直しが急務になっていると報じています。