令和を迎えて、、、三菱自動車「パジェロ」の国内販売 年内で終了へ 

三菱自動車工業は、平成の時代に四輪駆動車ブームの火付け役となった「パジェロ」の国内での販売を終えることになったことが報じられました。

 

「パジェロ」は三菱自動車が昭和57年に国内で発売した四輪駆動車で、平成3年に発売された2代目の車種は、月間の販売台数で大型の車としては異例の首位になるなど、人気を集めました。

当時、世界で最も過酷と言われるダカールラリーで活躍したほか、四輪駆動車でスキーなどに出かけるスタイルは若者の間で一大ブームとなりました。しかし、ブームが去ると販売が伸び悩み、去年1年間の国内での販売台数は数百台にまで減っていました。

三菱自動車は近く発表するモデルを最後にパジェロの国内での販売を取りやめるということで、早ければ年内にも販売が終わる見込みです。