今日は世界糖尿病デー、神戸もライトアップ  (神戸新聞より)

国連が定める14日の「世界糖尿病デー」に合わせ、姫路城や明石海峡大橋など兵庫県内の16施設などが糖尿病撲滅を目指すシンボルカラーの青色にライトアップされる。

 

糖尿病に関わるホルモン「インスリン」を発見したカナダ人医師の誕生日に合わせ、2006年に認定。世界各地で催しがある。

 

主なライトアップの期間や施設は次の通り。

11~15日=辰鼓楼(豊岡市)▽13、14日=姫路城▽13~15日=明石海峡大橋(神戸、淡路市)、兵庫大仏、モザイク大観覧車、神戸ポートタワー、錨山、フラワーロード(以上神戸市)、ひまわりの塔(小野市)▽14日=神戸市立須磨海浜水族園、神戸労災病院▽20日まで=北播磨総合医療センター