人出不足のコンビニ シニアに期待 (NHKニュースより)

人手不足が深刻化する中、大手コンビニチェーンのセブンーイレブン・ジャパンは、定年退職した人などにもアルバイトとして店舗で働いてもらおうと、5日にレジの操作などを体験する説明会を開きました。

説明会には100人が余りが参加し、コンビニチェーンの担当者から店舗での業務内容の説明を受けたあと、実際にレジの操作を体験しました。参加した人たちは60歳以上ということで、担当者の手ほどきを受けながら機械で清涼飲料水などのバーコードを読み取ったり、商品を袋に詰めたりしていました。

ことし3月に企業を定年退職した60歳の男性は「働かないでいるとすぐに老けてしまうと思い、来てみました。レジの操作がなんとかできそうだとわかりました」と話していました。
セブンーイレブン・ジャパンの飯沼一丈さんは「コンビニを利用する高齢者が増える中、シニアの皆さんは地域のことも知っていて安心感もあるので、今回のような取り組みでさらに採用を強化したい」と話していました。
コンビニ業界では、アルバイトの中心だった学生などが減っていることもあって、中高年や主婦などをアルバイトとして確保しようという動きが広がっています。

ローソンは、「店舗の人手不足は深刻で、シニア層のかたも新たな働き手として期待している」と話していて、会社側は今後、レジを操作しやすいものに改良することを検討したり、体力などの適性に応じて担当の仕事を決めたりすることで、シニア層の人たちが働きやすい環境をつくりたいとしています。

コンビニ各社では、人手不足が続く中でアルバイトの確保が難しくなっているとして、本部が主導して加盟店のアルバイトの採用活動の支援を強化する動きが相次いでいます。

このうちファミリーマートは、主婦を対象とした大規模な採用説明会を定期的に開く予定で、ことし7月には社長も参加して神奈川県内で説明会を開きます。また、外国からの留学生が通う専門学校と連携して採用説明会を開くなどして外国人アルバイトの採用も積極的に進めています。

ローソンは、グループの人材派遣会社が採用したアルバイトを、加盟する店舗に派遣する取り組みをことしの秋から全国で本格的に始めます。登録した主婦や会社を定年退職した人などに研修を受けてもらい、必要に応じて店舗に派遣するということで、シフトを固定せず、仕事ができる空いた時間に働いてもらうことも可能だということです。

コンビニ各社によりますと、1つの店舗を運営するには20人程度が必要だということですが、これまでアルバイトの中心となっていた学生などが減る中で、各社は中高年や主婦、それに外国人留学生の採用活動を強化しています。