中国、金融開放を今年6月末に実施

中国人民銀行(中央銀行)は、金融市場の開放策を2018年6月末に実施する方針を明らかにしたと報道されました。

 

外資が証券や生命保険を営む場合、中国企業と合弁会社をつくる必要があり、外資の出資比率は50%以下に制限されるが、6月末に最高51%まで引き上げ、3年後には全額出資を認めるとのこと。

出資だけでなく2018年末をメドに業務規制も緩め、銀行、証券、保険で原則として中国系と同じ業務を認めるとのことです。