世界保健機関 喫煙男性 初の減少を予測

世界保健機関(WHO)は、男性喫煙者が初めて減少に転じる見通しだと発表したことが報じられました。

 

健康意識の高まりや広告の規制が背景にあると報じていました。

 

男性と女性を合わせた世界の喫煙率は、2010年の27.3%から20年には22.8%まで低下する見通しです。

 

WHOはたばこ消費を一段と減らすため、各国政府や企業に対策を呼びかけています。