世界の金利低下 生命保険会社の経営直撃

世界的な金利低下が生命保険会社の経営を直撃していると報じられました。

 

国内だけでなく海外でも金利が一段と低下し、稼ぎ頭だった外貨建て商品の売れ行きが鈍ってきているとしています。

 

生保自身の債券運用も利回り確保が厳しくなっており、当初の想定を上回る急激な変化に、販売や運用での苦悩が深まっていると報じていました。