上場地銀 6割減益・赤字

上場する地方銀行78行・グループの2020年4~6月期決算が出そろい、連結最終損益は全体の6割にあたる48行で前年同期に比べて減益または赤字となったことが報じられました。

 

新型コロナウイルスによる外出自粛で消費が低迷し、融資先の業績が悪化し、貸し倒れなどに備えた与信費用が約2割増えたそうです。

 

20年4~6月期の連結最終損益の合計額は2006億円で前年同期比42%減となり、影響が長引けば費用は今後さらに膨らむ見通しだと報じていました。