上場企業の社外取締役の占める割合が初めて3割を突破 異なった知見を経営に生かす

上場企業の役員の顔ぶれが多彩になってきたことが報じられました。

 

取締役に占める社外取締役の比率は今年、初めて3割を突破したそうです。

 

監査役や執行役を含む役員では女性が1000人を上回り、外国人役員がいる企業数も100社を超え過去最高となったとのことです。

 

社外取締役の割合が8割を超える米国などと比べると日本の水準はまだ低いですが、異なった経験や知見を経営に生かす体制が広がってきたと報じていました。