三菱UFJ銀行 店舗4割減へ

三菱UFJフィナンシャル・グループは4月20日、2023年度までに三菱UFJ銀行の店舗数を17年度末比で約200店舗減らす方針を示したことが報じられました。

 

19年に公表した計画では17年度末の515店のうち35%にあたる180店を減らす計画でしたが、40%減に変更しました。

 

営業経費が高止まりしているなかで、店舗業務の削減により運営コストを引き下げようとしています。