三菱UFJ信託 認知症でも使える信託商品投入

三菱UFJ信託銀行は来年3月、本人が認知症などになって判断能力が低下した場合でも、信託財産から日常のお金を引き出せる信託商品を投入することが報じられました。

 

代理人が契約した本人に代わり、本人が必要とするお金を引き出せるというもので、スマートフォン(スマホ)で利用目的などを家族らに伝えて承認されてから資金を出し入れすることで、安全にお金を使えるようにするとのことです。