三菱UFJがコロナ債 600億円中小融資に活用

三菱UFJフィナンシャル・グループは国内で初めて、新型コロナウイルスへの対応を目的とした社債を発行することが報じられました。

 

6月上旬をメドに600億円程度の発行を目指すそうです。

 

調達した資金は資金繰りに苦しむ中小企業への融資に活用の予定で、ESG(環境・社会・企業統治)を重視する投資家の資金を呼び込むのが狙いだと報じられていました。