三井住友銀行が行員に課す「ノルマ」を廃止

三井住友銀行が個人向け金融商品の販売で、行員に課す「ノルマ」を廃止したことが分かったと報じられました。

 

これまでは投資信託や保険の販売額などで支店の評価を決めてきましたが、4月からは評価基準を見直し、顧客の運用残高をどれだけ増やしたかを重視することにしたそうです。

 

対象は個人向け営業でノルマで、脱ノルマ営業に向けた取り組みは注目を集めそうだと報じられていました。