三井住友海上、未承認薬の治療費補償する保険の取扱いを2020年1月から販売

三井住友海上火災保険は2020年1月から大企業向けに、従業員が公的保険で未承認の薬を使って治療を受けた場合の治療費を補償する保険の扱いを始めることが報じられました。

 

保険適用外の医療を受けられる厚生労働省の新制度に対応します。

 

契約した企業が従業員に福利厚生として提供し、支払いが高額になりやすい先進技術を使った医療を手軽に受けられるようにします。