ワーケーション施設が拡大

観光地やリゾート地で休暇を取りながら働く「ワーケーション」需要をにらみ、不動産業界が対応施設の整備を急いでいることが報じられました。

 

不動産情報サービスのLIFULL(ライフル)は2023年までに100カ所を計画。

 

7月に2カ所目を設けた三菱地所も今後も施設数を増やす方針。

 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて高まる働き方の見直し機運をとらえた動きだと報じていました。