ロボ配送 公道で実験

ヤマトホールディングスや日本郵便などは9月以降、首都圏各地でロボットが公道を走り配送する実証実験を始めることが報じられました。

 

荷物を受け渡すラストワンマイルをロボットに任せ、人との接触を避けて新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐという主旨で、ロボットによる自動配送の仕組みが前進することになります。

 

米国や中国では、無人で配送する仕組みが広まりつつありますが、日本は仕組み作りなどで出遅れており、政府は、実験を経て具体的な規制緩和を急ぐ方針です。