ロボット無人カフェが期間限定で原宿に登場 (時事通信社ニュースより)

ネスカフェ、Pepper、産業用ロボットduAroが連携し、ロボットがコーヒーの注文受けから提供まで、すべて無人で行う「おもてなし無人カフェ」が東京、原宿に期間限定でオープンした。

原宿駅を竹下通り側に出て、駅前の通りを左に1〜2分歩いた「ネスカフェ原宿」にて本日、16日(木)15時〜26(日)までの10日間実施される。店内でフードメニューを一品注文すると、無料で「おもてなし無人カフェ」が体験できる。

ネスレ日本株式会社、ソフトバンクロボティクス株式会社、川崎重工業株式会社の3社が「IoTやロボット技術を活用し、無人でコーヒーを提供」をテーマにイベント開催するもの。

このイベントの最大の見どころは、会話ロボットと産業用ロボット、そしてコーヒーマシンの連携だ。
会話ロボット「Pepper」が顧客に挨拶してコーヒーの好みを聞いた注文を受ける。会話ロボットから注文内容が産業用ロボットに無線で伝えられ、ロボットスタートがカップを取り出しコーヒーマシンにセット、棚からキットカットをとり、淹れたコーヒーが入ったカップに添えて顧客の前に置くしくみだ。

ネスレはPepperを活用して家電量販店などで一般消費者向けにコーヒーマシン「バリスタ」の販売促進を行ってきた。

次のステップとして家庭用ではなく、社会の中で提供できないかということで、接客からコーヒーサーブ、顧客への提供まで「無人でロボットがコーヒーを提供する」というテーマの、この体験イベントが生まれたと言う。