マツダが2030年にはエンジンのみを搭載した車の生産終了を発表

世界的に環境規制が厳しくなるなか、自動車メーカーの「マツダ」は生産するすべての車について、2030年にはエンジンだけで動く車をゼロにし、ハイブリッド車や電気自動車などにして電動化する方針を明らかにしました。

マツダは世界的に環境規制が厳しくなるなか、2年後の2020年に独自に開発した電気自動車を市場に投入する計画です。
また、かつて生産していた「ロータリーエンジン」を発電用に搭載した新しいタイプの電気自動車もあわせて投入する計画で、これによって走行距離を通常の電気自動車の2倍に伸ばせるとしています。

 

さらに、2030年にはガソリンやディーゼルといったエンジンのみを搭載した車の生産を終了し、生産するすべての車は電動技術を搭載したハイブリッド車や電気自動車などにする方針を明らかにしました。