マザーズ 東証2部を逆転

株式市場でIT(情報技術)や創薬ベンチャーへの資金流入が目立ち、これらの新興銘柄が主力の東証マザーズ市場の時価総額が4月20日、初めて東証2部を上回ったことが報じられました。

 

マザーズ指数は3月の急落前の水準を上回り、日経平均株価などと比べて上昇が目立っています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大による生活様式の変化を捉えた成長力が評価されているものと報じていました。