フェイスブックに続き、グーグルも仮想通貨の広告禁止

仮想通貨の広告を出している企業の中には誠実に運営されていないところもあると指摘される中、世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックに続き、大手IT企業のグーグルも仮想通貨などの広告について、ことし6月から掲載しないと発表しました。

この理由についてグーグルの幹部は、現地のメディアに対して、仮想通貨をめぐって消費者の被害がすでに出ているほか、今後も予想されることを挙げています。

ことし1月には世界最大の交流サイトを運営するフェイスブックが仮想通貨などの広告を出す企業の中には「誠実に運営されていない会社が現在多い」として掲載しないと発表しています。