フェイスブックが仮想通貨を使った金融サービススタートへ

米フェイスブックは、2020年に「リブラ(Libra)」と呼ぶ仮想通貨(暗号資産)を使った金融サービスを始めると発表しました。

 

スマートフォンを介して利用者間で送金したり、買い物の決済に使ったりすることを想定するとのことです。

 

リブラの発行組織には、米マスターカードや米ビザなど有力企業が名を連ねます。

 

フェイスブックは世界で約27億人の利用者を抱えており、決済に向く仮想通貨として普及すれば、銀行など既存の金融業界を脅かす可能性があると報じられていました。